時効援用後にローン審査はいつ通るのか?それとも一生審査落ちする人生かはまずは自分の信用情報を確認するのが手っ取り早いですね。信用情報のチェックはココを押さえればOK!
 

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示
FD:0120-159-028
ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

アヴァンス行政書士法人

時効援用後スグにローン審査は通りません

時効援用後にローンを組もうとしても審査が通るようになるには時間がかかります。

借金の時効援用は法的に認められた権利ではあるけれど、金融会社からしたら借金を返さず踏み倒した前科持ち。

知人に周囲にお金を借りては返さず逃げる人がいるとして、あなたにお金を貸してくれと言われたら貸しますか?

ありえないですよね。

ローン会社も個人信用情報機関から情報を得て「あなたと契約をしてもキチント返してくれる人」かどうかを判断してローン契約を組むか決めています。

時効援用を行うと信用情報に事故情報(いわゆるブラック)が記載され、一定の期間が過ぎるまで事故情報は消えることがありません。

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示
FD:0120-159-028
ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

アヴァンス行政書士法人

時効援用後の信用機関の対応

一定の期間で事故情報が消えると書きましたが、信用情報から援用した事実が消えるまでの期間は信用情報機関によって対応方法が違います。

信用情報機関のCIC,JICCの2社が時効援用後どのように記載し扱うかを説明していこうと思います。

CIC(株式会社シーアイシー)の対応

株式会社シー・アイ・シーでの時効援用後の扱いは会員企業の登録に違いはあっても「貸し倒れ」もしくは「契約終了」と事故情報が残り、最長で5年間記載されます。

時効援用後に長くて5年は俗に言うブラックリストに載りますから、ローンの審査に影響してきます。

JICC(日本信用情報機構)の対応

JICCの対応は会員になっている企業の対応によって違うみたいです。

消滅時効の援用を受けた金融業者が「完済」として扱えば消滅時効の援用をしても完済として情報が登録され最長5年間データが残ります。
時効援用による消滅とした場合は債権情報ごと削除されて該当情報なしになるようです。

完済の情報は5年間は残りますが、どちらにしても時効援用によるネガティブな事故情報は残りません。

信用情報の確認方法

信用情報の確認方法としては直接窓口に申請する、郵送で開示請求をする、スマートホンやパソコンを使って請求する3つの方法があります。

信用機関の窓口に行けば開示費用は500円です。方法は直接窓口を訪れて開示申込書を書いて提出するだけ。ほとんど待たずにあなたの開示報告書が発行されます。
ただし最寄りに窓口がなければいけないので移動に時間もかかりますし、窓口の開いてる時間も長くはないので忙しい人にとってはちょっとハードルが高いかもしれません。

郵送での開示請求には「1,000円分の定額小為替証書」が必要ですが、郵便局で購入し開示請求書と一緒に信用機関に送ってください。

オススメなのがスマホやPCを利用した開示請求で、信用情報機関ごとに1社1,000円と費用もかかりません。

信用情報の開示は業者に代行してもらえます

仕事や家事で時間がなかったり開示方法が分からない方は行政書士に開示申込書を作ってもらう、弁護士、司法書士に依頼して代行してもらうこともできます。

代行を依頼すると3,000~10,000程度の代行費用がかかりますが、信用情報の開示報告書の見方を説明してくれたり、いつごろ事故情報が消えるかを教えてくれるところもあるので、依頼の際には費用以外にどのようなサービスをしてくれるかも確認しておきましょう。

事故情報が残っていたときの対処法

開示報告書を確認して事故情報の記載が残っていたときは事故情報が消えるまで待つことです。

事故情報は信用機関に頼んでも消すことも修正することもできませんから、事故情報が消えるまではローンを組むことができません。

また信用情報には事故情報のほかに返済履歴が残るので滞納や支払い遅れをしないように心がけてください。

返済にルーズな記録が残ってたら、せっかく時効援用後の事故情報が消えてもローン審査に悪影響がでてきますよ。

信用情報がクリアでもローン審査に落ちることもあります

信用情報から時効援用後の事故情報が消えていても100%ローン審査に通るとはかぎりません。

信用情報機関はあくまで金融関係の履歴を管理し、信頼度を測るデータを管理しているだけで、金融機関に依頼されて審査する企業ではありません。

信用情報を含めあなたの現在の職業や年収、勤務歴なども考慮してローン会社の判断によって契約できるか審査落ちをするかが決まります。

時効援用後にローンが組めるまでを簡単に説明してきましたが、あなたのお役に立てたとしたらさいわいです。