daiko5

信用情報の開示請求を代行依頼する方法をまとめました!開示代行サービスは申請書面の作成や疑問点を教えてくれたりとても便利♪開示請求代行のポイントなど知っておきましょう♫

信用情報開示請求を代理で行ってくれる業者はたくさんありますので、どんなところにお願いしたらいいのかや代行依頼する前に確認したいポイントを解説しています。

新しくクレジットカードを申込んだら審査に落ちてしまったんだけど心当たりがない、住宅ローンを組みたいけど過去の事故記録(いわゆるブラック)が心配、以前に債務整理や自己破産などして事故情報がそろそろ回復しているか知りたいなど、あなたが信用情報を確認したい理由はそれぞれあると思います。

信用情報を開示請求することは、今のあなたの状況を把握できますし、今後の安心を手に入れるために大切なことです。

そもそも個人信用情報の開示請求は誰でもできるのですが、開示請求代行は、仕事が忙しくて時間がない人や信用情報の開示方法がわからない人、また送られて来た開示報告書の見方がわからないと言う人などにはすごく助かるサービスです。

信用情報の開示請求を代行サービスに依頼する前に、しっかりと開示請求代行について知っておきましょう。
 

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示
FD:0120-159-028
ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

アヴァンス行政書士法人

信用情報の開示請求代行について

daiko4

信用情報の開示代行を依頼すると、あなたの代わりに信用情報機関(CIC、JICC、KSC)へあなたの信用情報開示報告書を請求するためのお手伝いをしてくれます。

誰が開示請求の代行をしてくれるの?

信用情報の開示請求代行は、法律事務所(弁護士や司法書士)や行政書士事務所(行政書士)などが代行サービスとして提供しています。ただ、事務所によっては代行自体をやっていないところもありますで注意が必要です。

最近は、専門家のホームページからそのまま代行依頼を申込むことができたり、事前にメールで問い合わせをすることもできます。

開示請求代行の内容

専門家による開示手続き代行の大まかな内容は、

・事前相談
・申込み
・申請書類代行作成
・信用情報機関へ開示請求
・信用情報開示報告書が到着

となります。

また代行サービスの内容によりますが、送られてきた信用情報開示報告書の内容説明や見方の解説をしてくれるところもあります。

代行手数料はいくらかかるのか?

まず代行手数料で理解しておかないといけない点は、

・信用情報機関への開示手数料
・開示請求代行の手数料

の2つの料金があることです。

信用情報機関への開示手数料はどこも1,000円程度です。なので、CIC、JICC、KSCの3機関から報告書を取り寄せたい場合は3,000円ということですね。

専門家による代行手数料は、1つの信用情報機関あたり3,000円〜10,000円ぐらいで依頼先によって料金は様々です。

依頼先によって、2つの手数料込みの代金になっていたり、代行手数料+信用情報機関への開示手数料というところもあります。

代行を依頼する前にかならず料金もチェックしておかないといけませんね。

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示
FD:0120-159-028
ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

アヴァンス行政書士法人

開示請求の代行利用で悩みや不安を解消しよう!

daiko112

信用情報を知りたい場合に、自分でも開示請求することも出来ますが、特に初めて開示請求する場合は不安に思うこともたくさんあると思います。そんな時に力強い見方になってくれるのが、専門家による代行サービスなんですよね。

特に開示請求に関して下記のような悩みや不安が解消できます。

・信用情報開示請求がよくわからない
・開示報告書の解説をしてほしい
・忙しくて開示請求する時間がない
・書類の準備などめんどくさい
・開示報告書の結果によってはその後の対策を相談したい

あなたがそもそも信用情報を知りたい理由は事故情報(いわゆるブラック)になっていないかや、事故情報が回復しているのか、過去の支払履歴について知りたいということですよね。

個人金融情報は、今後の人生設計に関わってきますので、あなたに合った専門家に依頼することも大切です。

次に代行を依頼する時の5つのポイントについてまとめてみました。

開示請求を代行依頼するときの5のポイント!

daiko113

開示請求代行を専門家に依頼する際のチェックポイントは、

1)申込み前に無料相談があるかどうか?
2)メールの返信や電話の対応は親切か?
3)開示請求についての説明はちゃんとあるか?
4)開示請求後のフォローはあるかどうか?
5)代行手数料は適正か?

いくらホームページがキレイでとても良さそうに見えても、電話の対応が悪かったり、メールの返信が遅いなどあったら不安になりますよね。

また、ちゃんと開示請求について内容や料金の説明があるかどうもポイントとなります。

代行手数料もそれなりにお支払することになるので、あなたの要望に対応してくれるのかなど事前にしっかり確認する必要もありますね。

あなたに合った信用できる専門家を選ぶようにしましょう。

信用情報開示の代行まとめ

daiko3

信用情報の開示を代行依頼する方法を解説してきました。

信用情報を確認することは、今のあなたの金融に関する悩みや不安を解決する糸口になります。

今後のあなたの人生設計においても大切なことですので、しっかりと納得のいく代行会社を選びましょう!

この記事があなたのお役に少しでもお役に立てれば幸いです。